交通事故に遭った過去のせいで暗い子供時代だったのだ

私は4歳の頃、自宅前で2トントラックにぶつかった。

ぶつかった時のことは覚えてないが、

母に抱かれて病院まで運ばれた様子、

病院で、その時に着ていたお気に入りのパンダのTシャツが

ハサミでジョキジョキ切られて脱がされている一瞬、

手術が終わって、頭がガンガン痛かったこと、

入院中の注射で号泣していたこと、

恐ろしい出来事は沢山記憶している。

頭を強打したので、手術をした。

もちろん入院していた。

毎日、両親が交代で病院に泊まってくれたことも覚えている。

しかし、毎日、医師や看護師さんという大人に囲まれて、

検査や注射。

不安で怖かった。

もともと不安がりでおとなしい性格の私は、

毎日が怖くて仕方なかった。

そして、退院。

その後も子供時代の私には辛いことがあった。

頭を手術したので、丸坊主頭の私。

そして、頭には大きな手術の跡。

かなり恥ずかしかった。

しばらくは帽子をかぶっての生活。

幼稚園に行くのが嫌だった。

それから、近所を歩けば

「事故に遭った子」という肩書きがいつの間にか私にはあった。

どこに行っても「この子が事故に遭った子?」と

大人に聞かれる度に、

嫌な悲しい気持ちになったことを覚えている。

毛が生えてから、美容院にいくのもずっと苦痛だった。

手術の跡がかなり大きくて、ハゲが出来ていたのだ。

大人になってからも美容室に行くのが苦痛だったな。

この事故がきっかけで私は暗い子供時代を送ってしまった。


母子家庭 ブログランキングへ


FX・女性投資家 ブログランキングへ

コメントを残す