ロストセカンドバージンについて♡私の経験から感じたこと♡大事なこと♡お伝え致します♡

こんばんは♪hitawaです(*’ω’*)
前回のブログから、また時間が経ってしまってましたね(^^;

ロストセカンドバージンしてから、
さらにラブラブな毎日を過ごしております。

娘と3人で遊びに行ったり、
食事をしたり・・・という日もありますが
今まで封印していた性欲が若干ですが
火がついてしまってます(*´з`)
女40代。
一番、性欲が高まる年齢ですからね(笑)

少し前には「干物女」なーんて言葉も流行しましたが
やっぱり、しばらくご無沙汰になってしまう女子って
意外と多い気がします。
ま、私もそのうちの一人でして(笑)

今日は、セカンドバージン対策について
書いてみようと思います。

申し訳ないですが、少々過激に感じる人がいらっしゃるかもしれませんよね。
エッチ関係のお話しが苦手な方は今日の記事はスルーしてください。
興味津々のお人はどうぞ!どうぞ!!(笑)

久々のエッチは緊張する!!!

やはり、エッチをしていない年数が増える程、緊張します!絶対に!
私がそうでしたから(笑)
かなり、身体が身構えてしまいます。
できれば、彼には事前に「かなり、久しぶりで緊張してるの」と伝えましょうね。
キスやハグでユックリと心も身体もリラックス状態に持っていくべきです。
恥ずかしくなければ、一緒にお風呂につかってリラックスするのもあり♪
(私は拒否されましたが。。。笑)
少しのアルコールもリラックス効果ありますよ。
私も赤ワインをグラス1杯だけ頂いてからベッドインしました。

久々すぎて、「挿入できない」という事態にならぬように準備しよう!!

体質によるのかもしれませんが、
久々すぎると緊張して、
濡れにくい女性もいらっしゃるかもしれませんね。
そのようなとき、無理に「挿入」しようとすると
痛いですし、「挿入できない」事態になる可能性もあります。
もちろん、彼にじっくりと愛撫してもらうのは必須ですが(*´з`)
「濡れにくい状態」にならぬよう
日頃からイメージトレーニングをしておくのもいいかもです。
私の場合、「彼とのキス」を思いだしてみたり、
彼と抱き合ったり、エッチしてるところを妄想しまくりました(笑)
それだけで、濡れてしまうんです。
当然、彼との初エッチのときも、スムーズでしたよ(*^-^*)

事前準備*ムダ毛の処理を忘れずに!!

もちろんですが、何年も男の人に抱かれていないと
あそこの毛がボーボーという事態になってる方もいるのでは!?
彼氏ができたら、早い目にボーボーの処理はしておきましょうね(笑)
私の場合、10年以上前にした永久脱毛で
VラインとIラインは薄くしてあったので、
少しだけの自分処理で何とか大丈夫でした(^^♪
なかなかサロンには通う時間も無いし、
家庭用の脱毛器ではかなり評判の良い
ケノン (ke-non) 脱毛器 家庭用 のサイトを
何度も見ては、悩んでるのですが、
どうしようかな。
この際、脱毛器でツルツルにしようかなぁ
なんてことも考え中なんです(笑)

一人エッチをしよう(*´з`)

何年もご無沙汰だと、しゃーなしに一人エッチをすることも多くなるかと思います。
パートナーが居ないとエッチできないので
性欲を自分で満足させてあげないといけませんからねぇ(笑)
つーか、していない女子も居るようなので
あえて、言わせて頂きます!!
一人エッチはほんっとに大切な行為です!
女が自分でするなんて
「痴女か???」
「頭おかしーんんちゃうの???」なーんて
思う人もいるかもしれませんが、
一人エッチすることで、
セカンドバージン脱出のとき、
身体も濡れやすくなり彼を迎え入れることに
抵抗をあまり感じません。
しばらくエッチしてなくても
感度が衰えることがありませんよ!!
hitawa的には、大事な行為だと
考えております。
このことに関しては、
賛否両論あるのかもしれませんが・・・



↑hitawaが出会った恋活アプリです♡このアプリで直感を信じて出会った男性とお付き合いしております。

最後に・・・

シングルマザーが母として女として
どう生きるのかは人それぞれかもしれません。
考え方も千差万別だと思います。
とにかく、譲れないのは
子供第一優先にすること!!
思春期一歩手前に差し掛かった娘が居るので
なかなか子育てしながらの恋愛には
考えさせられる部分も実はありまして。
「悩めるシングルマザーの子育てと恋愛」について
次回は記事を書いてみようかなと思っております。

ではでは、皆さまが幸せでHappyに毎日を過ごせますように♪
私の体験が少しでも皆様のお役に立てばいいなぁと思い
赤裸々に記事を書かせて頂きました♪♪♪

皆さまが益々「幸せ」で「豊か」な毎日を過ごせますように♪

hitawa♥

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村




コメントを残す