シングルマザーとして働くこと★私の場合


シングルマザーとなり
6年9か月になろうとしております。
なんだかベテランの域に達してきた???

妊娠8か月の時に、派遣の仕事を辞め出産して、
離婚したときは、無職でした。

シングルマザーとなったからには働かねばならない。

離婚が成立して、しばらくは無職でしたが、
ほどなくして、
車通勤で25分程の職場に、
派遣で就職が決まりました。

仕事は9時~17時勤務の事務職
隔週で土曜日出勤ありでした。

今思えば、
幼稚園の平日行事にも全て出席させてもらえたし、
月末月初以外は有給もとらせてもらえたし、
案外いい職場だったな・・・と思える。

でも、嫌で嫌で当時は仕方がなかった。

シングルマザーなんだから我慢しろ!!ってな感じなんですが、
土曜日出勤も結構キツかったし、
職場のメンバー、気の強い中年が多くて、
面倒やったし・・・と振り返ると色々ある。
でも、4年程で退職。


結局辞めて、しばらくは考え込む日々。
なんと、1年程「無職」を経験。


そのあと、自転車通勤20分の職場に勤務することが決まり、
働いたものの、、、、

なんだか、雰囲気が超暗い職場・・・
そして、昼休憩も外出禁止。
気分転換もできない(*´Д`)
あまりにも、雰囲気に耐えられず、
1か月半で退職。


そして、
無職期間無しで、現在の職場に決まり、
現在に至る。
人生初の営業職
最初の1年間は週3回で勤務
2年目からは週4回の勤務。
そろそろ、週5回勤務にしちゃおうかな。


振り返ってみると、
シングルマザーになっても、
仕事が長続きしてない。
嫌ですぐに辞めてしまう。

いちおう、就職難民にならず、
面接すれば、すぐに職場が見つかってきた
ラッキーちゃんではあるけれど。

今の職場は、雰囲気はいい。
とにかく、今の仕事を続けながら
副業を頑張っていくど!!

と、最近は決意を固めました。

今の職場も、仕事内容が合ってないなぁ。。。と、
思いながら、何万回も「辞めたい」と思ってきた。
でも、働かせて頂いているという「感謝」の気持ちが
芽生えたとき、
素直に「頑張っていこう」と思えた。

きっと、これからも色々あるかもしれないけど
感謝の気持ちをもって、
今の仕事に向き合っていこうと思う。
向き合いつつ、
FX・アフィリエイトも
諦めず、頑張っていきたい!
最近はそんな感じです。

そして、幸運なことに
今まで在籍していた職場。
子育てが非常にしやすい環境。
非正規というのもあるが
参観、懇談、子供の病欠なども
職場のメンバーに迷惑かかることもあっただろうけど
お休みとることで嫌味を言われることなく
休みやすい。
ほんと、いい環境で働かせてもらえたこと、
働かせてもらえていることに感謝だわ。

自分の中に「感謝の気持ち」が消えてしまっていた頃、
大企業の正社員でしっかり仕事を持って働いているママさんや
看護師さんとして大病院で働いているママさん、
起業して大変ながらも稼いでらっしゃる女性と会う度、
自分と比べてしまい
ダメな自分へレッテルを貼り続けていました。

ほんとうは、そうじゃないんだ。

こんなに
頑張って生きている自分にレッテルを貼るのは止めよう。

頑張って生きている自分を褒めて、
慈しんであげよう。

本当に大切なこと。

大事なこと。って、

すぐに忘れてしまうんだな・・・

自分を大切にすること。

頑張っている自分は凄いんだ!と、いうことに気づいてあげよう。

今は、可愛い娘と一緒に暮らせることに感謝しつつ、
自分のことを大切に扱おうと思えています。

全国のシングルマザーさん、
しっかり定職に突いてらっしゃる方や
現在、無職の方もいらっしゃるでしょう。
とにかく、悲観せず、前を向いて
生きましょうね!!

最近は、こう思います。

「シングルマザーだから」

と、決めつけているのは他の誰でもなく、

自分なのだろうな・・・と。

今まで働いてきた職場でも

特別に「シングルマザーだから」と扱われてきたことはありません。

独身の人も、

共働きの人も、みぃーーーんな、

それぞれの環境で頑張ってお仕事していらっしゃる人ばかりでした。

これからは、

「シングルマザーなんだから」と思わず、

一人の人間として、

女性として、

母として

頑張っていこう!

うん、頑張ろう!!

なんだか、よく分かんない文章になってしまいましたが、

最後までお付き合い下さりありがとうございます。

さ、3連休も今日でおしまい。

近所の図書館へ行って参ります(^^♪
毎日じゃないけど、更新しますので、
また遊びにいらして下さいませ。

皆さまが益々「幸せ」で「豊か」な毎日を過ごせますように♪

hitawa♥

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村







コメントを残す